痩身エステ 痛い

痩身エステは痛い?痛いと効果あるってこと?

痩身エステサロンで行われるエステティシャンのハンドマッサージやキャビテーションなどの最新の機器による施術は、
効果が高いのがメリットですがデメリットとして、痛みがあることがあります。

 

 

例えばプロのハンドマッサージは、気持ちが良いと感じることもありますが痩身エステの場合、
身体を大きく押されますので、痛みを感じる事が多くあるかと思います。

 

またキャビテーション施術はセルライトがある方の場合の大半は痛いという方が多いです。

 

もし痛みを感じた場合、正直に伝えるべきなのか我慢するべきなのかと迷うことがあるかと思います。

 

そこで今回は痩身エステの痛みの原因と痛いと感じたときの対処法についてご紹介します。

 

セルライト痛み

 

痩身エステの痛みの原因は何か?

多くの口コミなどでも取り上げられていますが、痩身エステにおいて痛みが発生するのは

 

「セルライト除去の為のキャビテーション施術の時とハンドマッサージのときです」

 

痛みには大小があり、セルライトが長期間ついている方の場合は、痛みの度合いはかなりあると回答する方が多いです。

 

では痛みの原因は何でしょうか?

 

それはもうお気づきかもしれませんが

 

「セルライト」

 

の存在です。

 

多くの方のダイエットが成功しないのは、セルライトの存在があります。

 

セルライト

 

セルライトは、皮下脂肪が蓄積し、溜まったものですので
セルライト>皮下脂肪>内臓脂肪の順にダイエットが困難な脂肪といわれております。

 

このセルライトを短期間で分解するための施術がキャビテーションやハンドマッサージであり、
だからこそ痩身エステ施術が痛いという事になります。

 

要するに

 

「セルフダイエットではほぼ実現不可能なセルライト脂肪を短期間で分解するためには痛みを伴うしかない」

 

このように解釈しても良いかもしれません。

 

 

■痛みは覚悟すべし!?■

おすすめの痩身エステ

痛みの度合いは人それぞれ異なり、また施術メニューによっても強い痛み、弱い痛みと分かれる場合があります。

 

しかし、痩身エステは、脂肪をグイグイと揉みほぐしていきますので、ハンドマッサージやマシンによるある程度の痛みは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

施術を受ける前は、強い痛みが伴う施術メニューであるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

 

また痛いと感じる場合、身体のどこかに不具合が生じている場合もありますので、事前に自分自身の身体に異常があるかないかも確認しておくことが大切です。
特に脂肪(セルライト)の多い人、冷えによる老廃物が溜まっている人などは、より痛みを感じることがあります。

 

■痛みが伴う施術メニュー&その原因とは■

痛みを伴う可能性のある施術メニューは以下の通りです。

 

・セルライトケアマシン
・リンパドレナージュ
・インドエステ
・小顔矯正
・脱毛

 

上記の施術メニューに痛みが伴う原因は以下の通りです。

 

・セルライトケアマシン・・・
冷えや骨盤の歪みで血液の流れや代謝量が悪くなっていることで、脂肪が蓄積し、セルライトになります。
そのセルライトを分解する為、痛みが強くなる恐れがあります。

 

・ハンドマッサージ・・・
ハンドマッサージでセルライト分解を試みるサロンも多いです。
この場合も痛みはかなりあると思います。

 

・ リンパドレナージュ・・・
上記同様、冷えにより、リンパの流れが妨げられることで、脂肪やセルライトが固まる為、痛みが引き起こされます。

 

・ インドエステ・・・
代謝が低下している方、冷え性の方は、老廃物が溜まりやすく、またガチガチに固まる為、痛みが多くなります。

 

・小顔矯正・・・
肩こりの症状が重い方は、痛みが強い場合があります。
しかし、小顔矯正を行うことで、肩こりの改善が期待出来ます。

 

 

楽に、美しく痩せれると人気の痩身エステですが施術中は、痛みが伴うことがあるのも現実。

 

どの程度の痛みかは、人それぞれ異なる為、一概には言えません。
しかし、痛みが強ければ強い程、効いているのではないかと思う方、多いかと思います。

 

そこで今回は、痛みと効果の関係性について、ご説明したいと思います。

 

痛みと効果の関係性とは

おすすめの痩身エステ

結論から言いますと、痛みが強い=効果がすぐ出るというわけではありません。

 

痛みが強いという事はそれだけセルライトが硬いという事ですので、即効性があるわけではないのです。
むしろ痛みが少ないとセルライトが少なくダイエット効果は高いと実感できるかもしれません。

 

 

そして、痛みは我慢が必要ですがどうしても厳しい場合は施術しているエステティシャンに伝えましょう。

 

ただ基本的に痩身エステサロンでは、
最初の方はセルライト強度を弱めて、痛みの調整をしますので、基本的には多くの方は我慢出来る痛みです。

 

キャビテーション施術を含む人気の痩身エステサロンのランキングはこちら!

施術中、もし痛いときには?

痩身エステでは、脂肪をエスティシャンのハンドマッサージやマシンで揉みほぐして行く為、ある程度の痛みは覚悟しなければなりません。

 

しかし、あまりにも痛みが強い場合、
気分の良くないエステとなってしまいますので、強い痛みを感じたらスタッフに「痛い!」としっかりと伝えることが大切です。

 

しかし、スタッフにも悪気があるわけではありませんので、痛いとはっきり言いにくいという方、多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、痛いと伝えるベストな方法をご紹介します。

 

痛みを伝えるベストな言い方―言い方を柔らかくする

 

初めてエステに行くという方は、何もかもが初体験ですので、特に「痛い!」と告げる事がなかなか出来ないかと思います。
しかも、施術室は、大変静かですので、突然、「痛い!」と遠慮なく、言ってしまうとその後、スタッフと距離が出来てしまうのではないかとか不安に思う方は多くいるでしょう。

 

そんな方は、少し、言い方をやわらかくすると良いでしょう。
特に「痛い!」と言いにくそうな雰囲気があるサロンやスタッフなら尚更、少し、遠慮がちにまずは言ってみましょう。

 

例:「もう少しだけ力を緩めてくれると助かります」

 

マシンの場合は、「マシンの力を弱めてくれると助かります」

 

など「痛い!」と、「弱くして欲しい」ということを伝える事が大切です。

 

痛みを伝えるベストな言い方―どの部分か具体的に

 

また太ももやお腹、お尻などの特別、痛みが強いと感じる部分の痛みのベストな伝え方は以下の通りです。

 

例:「太ももの内側が痛いので、力を緩めて下さると嬉しいです」

 

どの部分が主に痛いのかをきちんと伝える事で、結果、セルライトが多い部分や老廃物が固まった部分をエステティシャンに伝える事が出来ます。

 

これにより、スムーズに痩身エステの効果を得る事が出来ます。

 

痛みを伝えるベストな言い方―弱い部分をあらかじめ

 

痛みに弱い方の場合の痛みのベストな伝え方は以下の通りです。

 

「痛みに弱いので、マッサージは緩めでお願いします」

 

「痛みに弱く、我慢すると身体にすぐ力が入ってしまうので、痛い場合、正直にお伝えしても良いですか」

 

などと施術前に正直に伝えておくと良いでしょう。

 

施術中に痛みを感じた場合の痛みの伝え方は、なるべく、「足がつりそう」「息がしにくい」など体感を伝えるようにするとスムーズに対処してくれるでしょう。

 

サロンやスタッフの雰囲気を壊さないように「痛い!」という気持ちを伝えるには、
まず「痛い!」という言葉をオブラートに包んでみることが大切です。

 

 

このように施術中の痛みを伝える事は意外と難しいものです。

 

しかし、どのサロンでも大抵は、スタッフの方から「痛くありませんか?」

 

「力加減は、これでよろしいですか?」などと聞いてくれますので、
もし痛みが強い場合は、正直に痛みを感じている事を伝えましょう。

 

人気の痩身エステサロンのランキングへ!

痩身エステは痛い?記事一覧

とにかく痛い、でも効果抜群のエンダモデラージュ

わたしは以前、エンダモデラージュエステを受けました。もともと全身が浮腫みやすく、特に太もも裏のセルライトがとても目立っていました。それがとても気になっていたのですが友人の紹介でこのエンダモデラージュがセルライトに効果があることを知り、受けてみることにしました。施術の流れですが、まず全身にクリームのよ...

≫続きを読む