ダンベルで二の腕痩せ

ダンベルで二の腕痩せを実現

二の腕の筋肉は、普段の生活ではあまり使われていないことが多い筋肉だと言われています。
ひじを曲げたり伸ばしたりするときに、二の腕の筋肉はひじを伸ばした時に働く筋肉です。

 

普段の生活でも、ひじを伸ばしたまま力をこめて行なう動作はほとんどありません。
逆に物を持ち上げたりするときには、力をこめてひじを曲げて動作させていることが多いです。

 

一度付いてしまうとなかな落ちない二の腕の脂肪ですが、効率よく引き締めるトレーニング方法があります。
まず、ペットボトルダンベルを使うトレーニング方法です。

 

痩身エステ口コミ投稿者

 

家庭にあるペットボトルをダンベルのように使って、二の腕を引き締めるトレーニングを行なうことができます。
金属製のダンベルがあれば、もちろんそれを使って構いません。

 

1リットル入りのペットボトルを2つ用意して、そのなかに水を入れてダンベルの代わりにします。
両腕に1つずつペットボトルのダンベルを持ち、両手を上にあげます。

 

 

そして、そのまま後ろ側に両手を曲げていき、重さに耐えるよう時間をかけて、ゆっくりと腕を元の位置に戻します。
これを10回ほど繰り返し、1日に3セットほど行なうようにします。

 

二の腕のストレッチをするトレーニング方法もあります。
ストレッチをすることで二の腕の筋肉をほぐし、代謝を活発にするように働きかけます。

 

 

両手を後ろで組んで、後ろへ伸ばせることこまで伸ばすようにします。
一番伸ばしたところで、その状態のまま5秒間ほど保ちます。

 

次に、腕を前に戻して片方のひじを反対側の手でつかみ、筋肉を伸ばすよう意識して腕をつかんだ手の方へ引き寄せます。

 

片方が済んだら逆の腕も同じようにストレッチします。

 

 

特にお風呂上りには体の血行がよくなっているので、ストレッチを効果的に行なうことができます。
はじめは体が硬くてあまり曲げたりすることが出来ないこともありますので、無理をしないように少ずつ行なうようにします。
ストレッチは、リンパの流れを良くすることでも知られていますのでおすすめです。

 

二の腕痩せエステについて一覧へ戻る

ぷよぷよの二の腕を引き締める方法

ぷよぷよの二の腕を何とかしたいと考えている方は多くいるのではないでしょうか。夏などではあまり見られたくない二の腕を露出することも多く、ちょっとした振動でも揺れてしまう二の腕が恥ずかしく夏でも長袖を着ているという方もいるのではないでしょうか。

 

この二の腕は普段の生活ではあまり使われにくい部分でもあり、どうしてもぷよぷよになりやすい部分でもあります。
二の腕を痩せる
この状態を解決するには意識的に鍛える必要がります。人の体は使えば使うほど、その動きに必要な筋肉がつき引き締まった状態になります。このぷよぷよの状態は日頃からこの部分の筋肉を使っていないことを示しています。

 

 

そのため、この筋肉を普段から意識して使うことで引き締め効果が期待できます。まず、この部分についてしまった脂肪を燃焼しやすくするためにもマッサージは必要です。

 

 

脂肪はマッサージをしないと固い脂肪となり燃焼しにくくなってしまいます。柔らかい脂肪にして燃焼しやすくすることで引き締め効果が高まります。この部分の筋肉をつけるためには、重いものを持ち腕を伸ばしたり曲げたりする運動が効果的です。この運動のポイントとしてはヒジを固定することです。

 

ヒジを固定した状態でダンベルやペットボトルなど、無理のない重さがあるものを持ちトレーニングすることで二の腕の筋肉を動かすことができます。このトレーニングをする際には、二の腕の筋肉がしっかりと使われていることを意識することが大切です。筋肉が使われていることを意識することで効果的に脂肪を燃焼する効果も高まります。
このトレーニングでは効果を実感するためには時間がかかりますが、もっと効果的に短期間で結果を得たいという方にはエステサロンを利用すると短期間で結果を出すことも可能です。

 

エステサロンでは部分やせをすることができ、固まった脂肪をほぐしながら効率よく脂肪を体の外に排出する施術もあります。短期間で結果を出したいという方はエステサロンを利用してみてはいかがでしょうか。

 

二の腕痩せエステについて一覧へ戻る