トップへ戻る

脚やせを筋トレで実現

脚やせを筋トレで実現する方法をご紹介します。


脚に筋肉がなくなると、やはり脚は太りやすくなってしまいます。
脚はすらっとしていて、しなやかな筋肉がついているのが理想ですよね。

 

しかし、無理な筋トレをしていると逆に太くなってしまうということもありそうです。
きれいに脚やせをするためにはどのような筋トレをするのが良いのでしょうか?
脚やせできる筋トレについてご紹介します。

 

 

 

 

 

【目次】

脚やせは筋トレで出来る?その仕組みは?

脚やせのために筋トレは効果的とのこと。

 

どうして脚やせになるのでしょうか?
筋トレによって脚が痩せる仕組みについて見てみましょう。

 

▼代謝アップ
筋肉がなければ、エネルギーを使うことができず、脂肪燃焼をすることができません。
筋トレをすることによって、筋肉がついてくると、基礎代謝が上がり痩せやすく、太りにくい身体に慣れるのです。

 

脂肪燃焼

 

▼たるみの改善
筋肉を動かしていなければ、筋肉が落ちて、重力によって下にたるんできてしまいます。
ひざ上にシワができたり、太ももがたるんでしまったりと、メリハリのない脚になって太って見えてしまいます。

 

筋トレによって、筋肉を引き締めることで、それらのたるみも引き上がり、細く引き締まった脚になれるのです。

 

ひざのたるみ

 

▼むくみの改善
脚が太くなる原因の一つに、むくみがあります。
むくみは身体の余分な水分が排出できずに溜まっている状態です。
血行不良やリンパのうっ滞から起こります。

 

そのままむくみを放置しておくと、脂肪になりやすくもなってしまうのです。

 

血流

 

リンパの流れは筋肉を動かすことによって改善されます。
よって、筋トレをすると血液もリンパも流れやすくなり、むくみの改善になります。そうなるとすっきりと細い脚になります。

骨盤の歪みやセルライトと脚やせの関係は?

骨盤の歪みやセルライトがあると脚が痩せにくいと言われています。
どのような関係があるのでしょうか?

 

▼骨盤の歪み
骨盤の歪みがあると、その周りの血液やリンパの流れが悪くなります。
そうなると、下半身に冷えやむくみが起こりやすくなり、太りやすくなってしまうのです。

 

また、骨盤が歪むことによって、筋力が低下する部分、逆に張りが出てしまう部分と変化が出てしまいます。

 

骨盤歪み

 

筋肉が低下した部分には脂肪がつきやすくなりますし、変に筋肉が硬くなってしまうと、太く見えてしまうということもあります。

 

骨盤周りの筋トレをすることで、骨盤の歪みが改善され脚やせにつながることもあります。

 

▼セルライト
セルライトは、脂肪細胞の回りにコラーゲン繊維が絡み合って硬くなってしまったものです。
血行不良で冷えやむくみがある脚にできやすいと言われています。

 

皮膚表面がぼこぼことして見えるので、見た目にも嫌ですよね。

 

セルライト

 

セルライトをなくそうと思う時には、筋トレだけでは難しいでしょう。
食事制限でもなくなりません。

 

マッサージや痩身マシンなど、外からの刺激などでしかなくすことはできないので、併用することがおすすめです。

脚やせ筋トレのメリット

脚やせ筋トレは脚やせだけでなく他のメリットもありますよ。

 

▼ダイエットになる
脚やせ筋トレをして下半身の筋肉を鍛えると、基礎代謝が上がり、体重も減りやすくなります。
それは、身体の中の約7割の筋肉が下半身にあるからです。

 

下半身を強化することが、全身のダイエットにつながるのです。

 

ダイエット

 

▼スタイルが良くなる
下半身の筋肉によって私達は支えられています。

 

筋肉を鍛えることで、身体の支柱がしっかりとして、姿勢が良くなります。
骨盤の歪みも改善されると、背骨もまっすぐになり、ポッコリお腹の改善にもなるのです。

 

上半身の背筋がピンと伸びたきれいな姿勢で、脚が細くて引き締まっていれば、スタイルがとても良く見えるようになります。

デメリットやリスクは?逆に足が太くならないの?

筋トレをしていると、逆に脚が太くならないか心配になるかもしれません。
デメリットやリスクも把握しておきましょう。

 

▼筋肉痛になる
今まで運動をしていなかった人が、筋トレを始めると筋肉痛になる場合があります。
筋肉痛の原因は医学的に証明されていない部分もあるそうです。

 

普段動かしていないような筋肉を筋トレによって動かすと、筋肉痛が発生するようです。

 

筋肉痛

 

▼太くなる
確かに、筋トレをしているとどんどん鍛えたくなってしまうという人もいます。

 

激しい負荷をかけすぎたり、やり過ぎたりすると、脚もむきむきと太くなってしまうことがあります。

 

しかし、1回筋トレをしただけで脚が太く見えるほど筋肉が付くことはありません。
太くなりたくない場合は、負荷をかけすぎないような筋トレを続けるようにしましょう。

どんな筋トレ方法がある?どんなメニューが良い?

脚やせをするための筋トレにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

▼スクワット
脚やせに良いと言われる筋トレで、自宅でも簡単にできるのが「スクワット」です。
スクワットにもいろいろと種類があります。

 

基本的には、脚を肩幅くらいに開いて、背筋を伸ばしたまま、太ももと床が平行になるくらいまで腰を落としていくというもの。

 

スクワット

 

効果を感じるためには、毎日5分でも良いので継続することが大切。
個人差もありますが、1週間くらいで効果を感じるという人もいます。筋肉を定着させて、細くなったと感じるためには、1〜3ヶ月くらいは続けましょう。

 

▼マシン
マシンを使うことで、筋トレがしやすくなる場合があります。自宅用に販売されているものもあります。
レッグスライダーやルームランナーが一人でも使いやすいでしょう。

 

 

ジムに置いてあるようなものでは、レッグプレスやレッグエクステンションなどいろいろと種類があります。

 

ジム

 

トレーナーの人に見てもらいながら行うと、自分に何が必要で、どうすれば筋肉が付きやすいのかを教えてもらえます。

 

マシンによって、効果を感じやすいですが、継続することで筋肉は付いてきます。1〜3ヶ月くらいは継続するようにしましょう。

 

まとめ

筋トレは脚やせにとても効果的です。
筋肉を付けることによって、身体全体の代謝も良くなりますし、むくみにくい身体にもなります。

 

激しい筋トレをしてしまうと、筋肉痛になったり、太くなってしまったりするというリスクはありますが、それはやり過ぎてしまった時。
適度に自分に合った方法で継続することが大切です。脚やせのためには、筋トレのメリットの方が多いでしょう。

 

筋トレをしてすらっと引き締まった美脚を目指しましょう。

 

足痩せ筋トレの口コミ

細く綺麗な足は多くの女性が憧れるのではないでしょうか。
この足を手に入れるためには筋トレが効果的です。

 

 

しかし、筋トレを行うことで足が太くなると考えている方も多く本当に脚やせに効果があるのかと不安になる方も多くいるのではないでしょうか。

 

確かに、女性でも男性のように筋肉のついた足をしている方もいて筋肉がしっかりとついた足ではなく細くてきれいな足を手に入れたいと考えている方は多くいます。

 

 

しかし、筋肉を鍛えないと、どんどん脂肪がついてしまい太い足になってしまいます。
細くてきれいな足を手に入れるためには筋トレをしながら、ウォーキングなどの有酸素運動もすると効果的です。

 

 

脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要になります。

 

そのためには筋トレが必要になるのですが、筋トレだけをしているとやはり男性のようにしっかりとした足になってしまいます。

 

 

一方、ウォーキングなどの有酸素運動をすることで筋肉をしっかりと動かすことができ脂肪を燃焼させる効果が得られます。

 

 

中にはウォーキングだけをすればよいのではないかと考える方もいるかもしれませんが、ウォーキングだけでは効果的に脂肪を燃焼させることができないといわれています。
ウォーキングだけでは筋肉を鍛える効果があまり期待できないからです。

 

そのため、脂肪の燃焼が低いままです。

 

脚痩せの筋トレ

 

筋トレでしっかりと筋肉をつけることで、ウォーキングの効果も実感できるようになります。
しかし、このようなトレーニングをするには時間が必要です。毎日忙しい生活をしている方にとっては難しいという方もいるのではないでしょうか。

 

エステサロンで簡単脚痩せ!

そんな忙しい方が簡単に脚やせができるのがエステサロンです。

 

エステサロンではマシンを使い脂肪を体の外に排出してくれる施術、老廃物を体の外に排出してくれるリンパマッサージなどを受けることができます

 

 

筋肉を鍛えたりウォーキングなどの時間がないという方は、エステサロンを利用して脚やせをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

脚痩せする方法ページ一覧へ戻る