トップへ戻る

便秘解消でウエスト痩せ

便秘を解消してウエストを引き締めよう!!

日本人女性の7割以上が悩まされているとも言われている便秘。

 

便秘のせいでお腹がぽっこりと出てしまい、ウエストが引き締まらないと悩みの種になっている方も少なくありません。

 

そこで、便秘でウエストが引き締まらない原因や解消法について詳しく迫ってみたいと思います!

 

便秘でウエストが引き締まらない原因は?

そもそも便秘とは、順調にお通じ(排便)がないことを指します。
毎日お通じがあったとしても、量がとても少なく、お腹に違和感を感じるようであれば、それは便秘の可能性が高いでしょう。

 

さらに、毎日しっかりと食事をとっているのに、3日に1回しかお通じがないという方は、間違いなく便秘です。
便秘が頻繁に引き起こされるようになると、私たちの腸内にはガスがたまるようになります。

 

便秘

 

ガスによって、腸内が膨張するとお腹の張りが気になるようになり、お腹周りが太ったように感じます。

 

すると、ウエストが引き締まらなくなってしまうので、今まで履いていたズボンやスカートが急にきつく感じるようになります。
また、たまってしまったガスを放出するためにオナラが頻繁に出てしまう方もいるでしょう。

 

しかし、大人になると人前で当たり前のようにオナラをするわけにはいかないですよね。
必然的に人前では我慢することになるので、お腹の中にたまってしまったガスはなかなか抜くことができません。

 

ガスが抜けない状況が長く続くと、さらに腸内環境が悪化し、機能が悪くなります。

 

これにより便秘を繰り返すようになってしまうため、悪循環が始まるのです。

 

悪循環にはまってしまうと、なかなかウエストが引き締まらない状態が続きます。
焦ってダイエットを始める女性も多いのですが、原因は便秘なので、食事を制限してしまうことによりさらに排便がしづらくなります。

 

便秘になるメカニズム

では、なぜ便秘は引き起こされてしまうのでしょうか。
メカニズムについて見ていきましょう。

 

まず私たちは、食事からの栄養素の多くを小腸で消化しながら吸収を行っています。
その後、残りは大腸に送られていきますが、ここでは水分がほとんど吸収され、硬くなります。

 

そして大腸では、「ぜん動運動」と呼ばれている伸縮を繰り返すような動きが始まります。

 

これによって、直腸から肛門へとスムーズに便が送られるようになります。
しかし、これはあくまで正常な働きをしているときのお話であり、便秘が引き起こされているときには、まず「ぜん動運動」がしっかりと行われなくなってしまいます。

 

例えば、

 

  • ぜん動運動がかなり弱い。
  • ぜん動運動が強すぎて腸が痙攣を起こしてしまう。

 

このような状態を引き起こすのです。

 

どちらの状態が引き起こされてしまっても、正常な便を排出することができなくなってしまうため、便秘となります。
また、正常に便が直腸までたどり着いた場合であったとしても、便意を感じなくなってしまう直腸性の便秘もあります。

 

通常であれば、便が直腸に到達すると、私たちの脳には便を排出しろと言う指令が下されるのですが、この指令がうまく働かないことにより、便意が起こらなくなってしまうのです。

 

自分がどのタイプの便秘になっているかを知るのは難しいことですが、これらの便秘のタイプにはいくつかの特徴があります。

 

まず、ぜん動運動が弱くなってしまっている方の場合には、運動不足の傾向が見られます。
日ごろからデスクワークの方が陥りやすいので、注意が必要です。

 

便秘女性

 

次に、ぜん動運動が強くなりすぎて痙攣を引き起こしてしまう方の場合は、人間関係によるストレス等により自律神経が乱れがちな方に多く見られます。

 

緊張しやすい人も要注意ですね。

 

リラックスした環境を作ってあげることで、状態が改善されることもあるようです。

 

そして、便意が起こらない直腸性の便秘になりがちな方は、リズムが乱れてしまい便意を我慢する傾向があります。

 

便秘でウエストが細くならなら理由

ウエストが細くならない原因として、便秘だと腸に食べたものがたまるために、おなかがポッコリ出てきます。炭水化物や脂肪が消化できない場合、腸の近くの細胞に溜め込むので、皮下脂肪として溜まることになります。

 

ウエストを細くする

 

摂取カロリーが多い場合、使わなかったエネルギーが体内に溜め込まれ、体全身に体脂肪としてためられ、ウエストにも溜まることになります。

 

便秘を解消する方法

便秘を解消するためにはいくつかの方法があります。

 

まず最も重要なのは、しっかりと水分を摂取しながら、日常的に30分以上の適度な運動を心がけることです。
毎日の通学や通勤で、交通機関を使うのではなく、少し早起きして歩くのも良いでしょう。

 

また、生活リズムを整える事は非常に重要となってくるので、毎日の起床時間や就寝時間を規則正しくしていくことが大切です。

 

運動

 

さらに食生活にも大きな注意が必要となります。
日本人の食生活は、どんどん欧米化されていることから、バランスの悪い脂質や糖質の多い食事を繰り返している方も多いのではないでしょうか。

 

忙しくて外食がちになることにより、野菜不足に陥る方も少なくありません。
野菜には、腸内環境を改善するのに役立つ食物繊維などが豊富に含まれています。

 

脂っこい食事や肉を中心とした食事よりも、野菜を中心とし、バランスよく栄養素を摂取することにより、便秘を改善することにつながります。

 

野菜中心

 

ウエストを引き締めるためにむやみにダイエットを行うのではなく、まずは便秘を解消する努力から始めてみてくださいね。

 

その他のウエスト太りの原因

骨盤の歪みは歪み方により、内臓が前に出てくるということがあります。また、筋肉の衰えにより、内臓が支えることができなくなり、前に出てくることがあります。

 

ウエストが細くならない原因である、これらの原因を改善する必要があります。まずは、骨盤がゆがんでいる場合は、骨盤の歪みを矯正しないことにはウエストは細くならないので、骨盤の歪みの対策として、ストレッチや骨盤矯正ベルトなどが効果的です。矯正することによって、リンパの流れも良くなり、むくみも改善することができます。

 

腹筋の衰えが原因の場合には、腹筋運動を続けたり、腹筋を意識的に鍛えることで改善することができます。腹筋を鍛えることによって、筋肉がつくと、脂肪の燃焼も良くなるために、太りにくい体質にすることができます。

 

また、腹筋を鍛えることにより、便を排出する力がつくため、便秘が解消される可能性があります。食物繊維をとることで便秘が解消されることもあります。

 

ウエスト痩せ

 

摂取カロリーが多い場合は、代謝でカロリーを消費しきれていないので、摂取カロリーを減らし、運動などで代謝によりカロリーを消費することができます。
筋肉を鍛えることによって、代謝を高めることができます。

 

普段からウエストを細くするために何かをやっていたとしても、間違った方法をしていて細くならないという場合もあるために、自分のウエストが細くならない原因が何なのかということを調べてから実行すると、効果的にウエストを細くすることができるようになるので、原因を取り除くことがとても大切です。

 

 

 

 

ウエストダイエット口コミ一覧へ戻る