トップへ戻る

食事でお尻痩せ

食べ物でお尻痩せは実現できる?!食事メニューもご紹介♪

運動や生活習慣の改善でお尻痩せを狙っていく事は大事ですが、
同様に食事でお尻痩せを促進していく事も大事です。

 

今回はお尻痩せする食事メニューをご紹介します。

 

お尻痩せに効く食べ物は?どんな成分が効果ある?

ダイエットには規則正しい食事バランスが大切とよく言われますが、部分的にダイエットする場合、今回は特に「お尻痩せ」する場合に焦点を当てて、脚痩せに効果のある食事メニューを紹介していきます。
ダイエットは我慢ばかりではなく、工夫することで楽しくおいしく継続することが出来ますよ。

 

下半身痩せの食事メニュー例

ここでは3つお尻痩せのメニューを紹介します。

 

お尻痩せにおすすめなのは「ホウレンソウサラダ」です。

 

ほうれん草サラダ

 

ホウレンソウは身近に手に入る食品で、100グラムあたり690グラムのカリウムが含まれます。
カリウムには塩分を体外へ排出する働きがあります。塩分が体外に排出されれば、体に必要な水分量も少なくなるので、体内では利尿効果として働き、むくみ改善に効果的なのです。お尻痩せの最大の敵であるむくみが解消することで、お尻は自然とスッキリしていきます。
カリウムを含む食品を調理する場合には、効率的にカリウムを摂取するための注意点があります。
カリウムは水に溶けやすいという性質があるので、洗いすぎないことが大切です。また、熱にも弱いので加熱のし過ぎは要注意です。

 

「ホウレンソウサラダ」の作り方
用意するもの

  • ・ホウレンソウ
  • ・コーン缶
  • ・シーチキン缶
  • ・レモン4分の1(又はレモン汁)

 

ホウレンソウは切る前にさっと水で洗って千切りにします。
ホウレンソウの子どもにあたる、「ベビースピナッチ」が手軽に購入できる場合はホウレンソウよりもさらに柔らかくて、サラダにおすすめです。

 

細かく刻んだホウレンソウにコーンの缶づめとシーチキンの缶づめをお好みの量だけのせて、レモン汁を絞るとさわやかなサラダの出来上がり。
さっぱりしているので色んな食事と相性バッチリです。

 

「バナナヨーグルト」の作り方

用意するもの

  • ・バナナ
  • ・ヨーグルト(無糖がおすすめ)
  • ・(用意出来ればはちみつやメープルなど)

カリウムはバナナにも多く含まれます。毎朝バナナを刻んでヨーグルトと一緒に食べるのもカリウム摂取に効果的です。

 

加糖されているヨーグルトは甘みが強いので、無糖のヨーグルトにバナナとはちみつをかけて食べるのがおすすめです。
1回でたくさん摂取するのではなく、継続的に摂取することが大切です。バナナは特に継続しやすいですね。

 

バナナヨーグルト

 

この他にもカリウムは納豆、モロヘイヤ、さつまいも、アボカド、メロン、アーモンド、ピスタチオ、落花生などに多く含まれています。

 

カリウムはサプリメントでもよく発売されているので、食品からの摂取が難しい場合はサプリメントを活用してもいいでしょう。

 

さて、2つ目のおすすめのメニューは「ポークステーキ」です。豚肉もどこのスーパーでも売られており、手軽に手に入れることが出来ます。豚肉の特に「ヒレ肉」には100グラムあたり0.98ミリグラムのビタミンB1が含まれます。
ビタミンB1は過剰に摂取してしまった糖分を撃退する作用があります。脂身の少ない豚のヒレ肉は意外とヘルシーメニューなので是非挑戦してみて下さい。

 

「ポークステーキ」の作り方

用意するもの

  • ・豚のヒレ肉
  • ・塩コショウ少々
  • ・にんにく1かけ
  • ・オリーブオイル(又はサラダ油)
  • ・お好みの野菜
  • ・(あればオイスターソースやケチャップなど)

 

フライパンを十分に熱して、オリーブオイルをひきます。
刻んだにんにくをフライパンへ入れ、焦げない程度に軽く火を通します。

 

豚のヒレ肉にはあらかじめ塩コショウをふっておきましょう。豚のヒレ肉をフライパンにのせ、中火で表面に焼き色がつくまでしっかりと焼きます。

 

表面に焼き色がついたら豚肉をひっくり返して、自分が好みの野菜(ブロッコリー、ニンジン、ジャガイモ、キノコ類)をのせて、蓋をして豚肉に火が通るまで弱火で加熱します。
豚肉にしっかりと火が通ったら、お皿にのせて完成です。
オイスターソースやケチャップをかけるとさらに美味しく食べることが出来ます。

 

ポークステーキ

 

 

ビタミンB1は水溶性のビタミンなので、1度にたくさん摂取しても体内でキープしておくことが出来ず、過剰に摂取された分は尿として排出されてしまいます。

 

ほとんどすべての食品において同じことが言えますが、毎日少しづつ摂取するのが一番理想的なのです。
またビタミンB1もカリウム同様熱に弱い性質があるので、長時間加熱してしまうとビタミンB1の摂取効率が低下してしまいます。

 

豚肉を使用した場合、しっかりと中まで火を通すことが理想的ですが、何時間も煮込む必要はありません。
この他にもビタミンB1は大豆、オートミール、枝豆、たらこ、たまご、玄米、にんにく、うなぎ、鶏レバーなどに豊富に含まれています。

 

ビタミンB

 

ホウレンソウサラダとポークステーキは相性バッチリなので、お尻痩せしたい日にバッチリのディナーメニューですね。

 

お尻痩せを目指す時に食べてはいけない食べ物は?

お尻痩せを目指す人が食べない方がいいメニューはズバリ「ラーメン」です。

 

ラーメンに限ったことではなく、ハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフード、ベーコンやハムなどの加工肉、梅干しや塩辛などの塩づけされたメニューはむくみのハイリスクメニューです。

 

私たちの体が1日で必要な塩分は、成人女性の場合7グラム、成人男性の場合8グラムが基準値です。
これ以上の塩分を摂取すると、私たちの体は塩分と水分のバランスを元に戻すため喉が渇き、水分を摂取するよう体が指令を出します。

 

塩辛い食べものを食べた後に、喉が渇くのは体内の塩分濃度が高くなっている証拠なのです。

 

ラーメン

 

体内の塩分量が上がり過ぎると、血圧が上昇し心臓や血管に負担がかかるので水分を摂取することは非常に大切です。
しかし過度に水分が摂取されると水分によって血管は押し広げられ、血管から体中の組織に向かって水分がにじみだします。

 

この水分は組織に溜まってむくみとなります。

 

むくみは脚痩せの大敵で、一時的なむくみだけならまだしも、長期的にこのような生活が続くと皮下に溜まった余分な水分は脂肪組織と癒合し、セルライトを形成します。
1度形成されたセルライトはなかなか落ちないため、セルライトをいかに作らないように工夫するかが大切なのです。

 

水分

 

毎日ラーメンは非常にむくみのハイリスクなので、ラーメンが大好きな人は週に1回から2回くらいに抑え、その他の食事で塩分量を控える工夫をしましょう。
例えば塩分を使って調理するところをハーブやこしょうに置き換えたりするのも効果的です。健康的なイメージがある和食も、実は梅干しやお漬物、みそ汁など塩分の多いメニューが多いので要注意です。

 

また、もう1つダイエットの大敵なのが「糖分」です。

 

糖分がお尻だけではなく全身に及ぼす影響は皆さんすでにご存じですね。

 

食べれべ食べただけ体にエネルギーとして蓄積され、脂肪組織の生成を助けます。
お尻痩せだけだなく、全身の脂肪に変わります。また、お尻痩せに着目した場合、糖分はむくみの原因にもなるのです。
塩分ほどの効果はありませんが、糖分は塩分以上に脂肪の生成を助けます。

 

私たちの体に必要な糖分は、1日3食の食事に含まれる糖分で十分です。

 

もちろん糖分が不お尻するとイライラしてしまうという人も多いと思います。

 

糖分が必要だと感じた場合は、ノンカロリーのキャンディーを食べたり、カカオ率の高い甘さ控えめのチョコレートで対応すると良いでしょう。
特にジュースは意外と糖分が多いことが多いので、避けるようにすると効率的に糖分をカットすることが出来ます。

 

食事でお尻痩せを実現した体験談をご紹介します。

お尻に脂肪やセルライトがつくのは、お尻の血行やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝が低下するとともに、老廃物の排出が滞りがちになることが主な原因です。

 

このため、食べ物は血行を促進する効果があるものを積極的に食べることが効果的といえるのです。

 

たとえば、体内のミネラルバランスが崩れると血圧が不安定になって血流が悪化しやすいのでミネラル類をバランスよく摂ることが大切です。

 

バランス良い食事

 

特に、食生活が偏りがちな方は血液循環を安定させるために必要なカリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄などのミネラルが不お尻しやすいので、お尻痩せを目指す方はミネラルがバランスよく含まれる海藻類を積極的に摂るのがお勧めです。

 

また、脂肪燃焼を促進させてお尻にセルライトができにくくするには、体内の代謝機能をスムーズにするビタミンB群をしっかり摂取することも大切です。

 

ビタミンB群は、レバー類や肉・魚類、玄米(胚芽米)などに多く含まれているので、これらを毎日適度に食べましょう。

 

特に、ナッツ類には、ビタミンB群に加え、カリウムやカルシウム、鉄などのミネラルがバランスよく含まれており、携帯しやすくて食べやすいので、忙しくて十分な食事が取れないときの栄養補給にお勧めの食べ物です。

 

バランス良い野菜

その他にも、かぼちゃやニンジンにはビタミンCやβカロチンが豊富に含まれており、血中の活性酸素を取り除いて過酸化脂質の生成を抑え、血流をスムーズにする作用があるので、食事に積極的に取り入れましょう。

 

このように、セルライト予防や脂肪燃焼の促進に効果的な食べ物を積極的に食べることは、お尻痩せの強力なサポートになります。

 

とはいえ、一度お尻についた頑固な脂肪やセルライトは食生活の改善だけでは簡単に減らすことはできないので、お尻痩せに効果的な食事をするとともに、外部から脂肪に直接働きかけることも重要です。

 

たとえば、分厚い脂肪やセルライトは、ハンドマッサージで徹底的に揉みほぐして柔らかくすることで、スムーズに燃焼させることができます。

 

浴槽に浸かりながらのセルフマッサージでも一定の効果が望めますが、頑固な脂肪はやはりエステサロンでプロのハンドマッサージを受けるほうが効果的です。

 

 

また、頑固なセルライトは痩身エステのキャビテーションを受けることでより効率的に燃やすことができるので、より短期間でのお尻痩せを目指す方にお勧めです。

 

 

 

お尻痩せについてのページ一覧へ戻る