トップへ戻る

下半身の冷えの原因と痩身エステ対策!

下半身の冷えの原因と対策!


毎日湯船に浸かっていても、湯冷めが早い。
岩盤浴に行っても身体よりも先に頭がのぼせてしまう。
靴下を履いても、いつまでもつま先が冷たくて眠れない。

 

そんな経験がある方は、多いのではないでしょうか。
上半身は温かいのに、下半身は冷たいまま、そんなの辛いですよね。

 

冷え症

 

下半身の冷えの原因は、二つあります。
それは、「血流の滞り」と「セルライト」です。

 

【目次】

(1)血流の滞り

お尻には、梨状筋という筋肉があります。
梨状筋とは、脚を外側に開いたり、姿勢を保つ働きをするインナーマッスルです。

 

事務職に就いている女性は多いのではないでしょうか。
デスクワークなど、長時間同じ体制で座ることによりこの梨状筋が圧迫され、凝り固まってしまいます。

 

姿勢

 

梨状筋の近くには、交感神経があります。
交感神経には血流を調整する働きがあります。
梨状筋が凝り固まることにより、交感神経が圧迫され、脚のすみずみにまで血流が流れなくなります。

 

もし、脚の冷えが気になる方で、事務職に就いている方は、意識的に姿勢を変えるようにしましょう。
冷え性が改善するかもしれません。

 

血流

(2)セルライト

セルライトとは、皮膚がでこぼこになっている箇所にある、皮下3cmほどのところにある皮下脂肪を指します。
姿見で、ご自分の後姿を見てみましょう。
お尻から太ももにかけて、でこぼこしていませんか。
それがセルライトです。

 

セルライト

 

太っていない方でも、セルライトがついていることは、多々あります。
身体の循環機能が低下すると、脂肪が血管やリンパ管の周囲に溜まり、さらに線維によって巻き付けられます。

 

内臓脂肪は食事制限と運動で落とすことができますが、皮下脂肪の一種である、このセルライトは、食事制限と運動では、なかなか落ちません。

 

冷え症になるメカニズムは?

冷え性は、体温をうまく調節できなくなることで、起こる身体のトラブルです。
みなさんは、平熱は何℃くらいでしょうか。

 

成人女性ならば、35℃台後半〜36℃台前半が平熱だという方が多いのではないでしょうか。
それでは、冷えが気になる、足先や手先の温度は何度くらいでしょうか。

 

体温計

 

少なくとも、平熱よりは多少低いですよね。
身体の中心と、身体の末端の温度が違うのは、なぜなのでしょうか。

 

冷え性になる原因としては、以下の2通りが考えられます。

(1)自律神経失調

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する、重要な神経です。
しかし、不規則な生活を送っていたり、ストレスが強くかかったりすると、この自律神経の働きが乱れ、冷え性の原因になります。

 

自律神経

 

ストレス社会は恐ろしいですね。
もし、ストレスが多い方で、冷え性で悩んでいたら、異動や転職、もしくはリフレッシュ方法を見直すことで、冷え性が改善するかもしれません。

 

(2)血流の悪化

熱は、筋肉の働きによっても起こりますが、血液によっても体内に送られます。
しかし、何らかの原因によって血管が圧迫され、血流が悪くなると、身体の末端に熱が運ばれなくなります。
スキニージーンズやヒールの靴を好む方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、スキニージーンズやヒールの靴を身に着けると、見た目は良くなりますが、身体に負担がかかります。
もし、身体に密着するタイプのファッションを好む方で、冷え性で悩んでいたら、身体のラインが出ないファッションに変えると、冷え性が改善するかもしれません。

 

スキニー

 

冷え症とむくみの関係性

冷え性に悩んでいる方の中に、むくみも同時に悩んでいる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

朝はふくらはぎがすっきりしていたのに、夕方になると脚が大根のように太くなってしまう、朝と夕方では身体の厚さが違うので、スカートのホックがきつい、という方も多いでしょう。
実は、むくみは、筋力不足によるものです。
身体は、筋肉を収縮・弛緩させることで、全身の血液を心臓に戻します。

 

心臓から血液が流れるイメージ

 

 

しかし、特に女性に顕著ではありますが、筋肉が不足していると、血液が滞り、血行が悪くなるため、むくみが起こるのです。
事務職の女性の脚がむくみやすいのは、女性が元から筋肉が不足しがちなのに加え、長時間座りっぱなしで下半身の筋肉を動かさないからなのです。

 

事務職の女性で、むくみに悩んでいる方は、意識的に姿勢を変えたり、一定時間が過ぎると動くようにしたり、エレベーターではなく階段を使うようし、身体を動かすことを心がけると、むくみが改善するかもしれません。

下半身の冷え症の改善策は?

それでは、下半身の冷え性を解消するには、どうすればよいのでしょうか。
いくつか、改善策をご説明します。

 

(1)血流の滞り
血液の流れをよくするには、運動やマッサージで、太ももやふくらはぎなどの下半身の大きな筋肉を動かすことが効果的です。
仕事に熱中すると、気がつけば数時間座りっぱなしだった、ということ、よくありますよね。

 

意識的に、例えば一時間に一度、席から立ってトイレに行ったり、給湯室でお茶を飲んだりしてみませんか。
下半身を動かせますし、いい気分転換になりますよ。

 

気分転換お茶

 

また、座ったまま、足首をくるくると回すのも、おすすめです。

 

また、脚の冷え対策も同時に行いましょう。
夏でも、オフィスは冷房がガンガン効いていて、足元が冷える、一年中ブランケットが手放せない方も多いのではないでしょうか。

 

脚の冷えには、「三陰交」というツボが効果的です。
三陰交とは、内くるぶしの指4本分上に位置しており、押したり、使い捨てカイロを貼ると、とても温まります。

 

(2)セルライト
脂肪が運動や食事制限でゆるやかに落とせるのに対し、凝り固まったセルライトは、運動や食事制限ではなかなか落とせません。
世の中にはセルライトローラーなどの対策商品もありますが、効果は期待できません。
ここは、セルライトケアのプロに任せましょう。
お勧めなのが、痩身エステサロン、そして自宅でのマッサージです。

 

セルライト

痩身エステサロン・・・敷居が高いと感じる方は多いのではないでしょうか。
確かに、エステサロンの中には、高級感が溢れており、施術料金が非常に高額なところもあります。
しかし近年、若者向けの安価なエステサロンが登場しています。

 

コース料金も安価ですが、それを、さらにお得に施術を受けられることができるのです。
それは、トライアルコースを利用することです。
多くのエステサロンには、初めて利用するお客さんのために、格安で受けられるコースを用意しています。

 

 

自宅でマッサージを行う際は、お風呂上りが一番効果的です。
浴槽に浸かることで血行がよくなるとともにセルライトが柔らかくなっており、マッサージでつぶしやすい状態になっています。

 

もし、マッサージの効果を高めたいのであれば、市販の発汗クリームや、ローラー(100均に売っているような、取っ手に突起のあるローラーがついたいわゆる「コロコロ」)を使うことをおすすめします。
マッサージを行う際は、リンパの流れに沿って身体をさすり、リンパ節に排出するイメージを持つことが重要です。

 

リンパの流れ

 

セルライトが多いといわれる脚だと、脚の付け根に「鼠径リンパ」が、ひざの後ろに「膝窩リンパ節」があり、そこに向かってリンパを流しましょう。
特に太ももの内側はリンパに近いため、太ももの内側をもみ込みながら脚の付け根やひざの後ろに流すと、効果的です。

 

エステでは機械で、自宅ではマッサージを、と並行してセルライトケアを行えば、3か月程度で効果が表れるでしょう。

痩身エステサロン施術で下半身の冷え対策に抜群の効果!

下半身の冷えが治ると聞いて、ちょっとしたきっかけでエステに興味を持ち、いくつか体験を受けました。

 

その中で好印象だったのがエルセーヌ。

 

事前にネットで口コミを見つつ、いろんな感想があるけれど実際に行ってみないとわからないと思って1回2,000円の体験を受けました。

 

下半身

 

予約はスムーズ。
少し待たされましたが、その間他のお客の様子をチェックしていました。

 

私と同じように体験の方もいれば、継続されている方もけっこういて、繁盛している雰囲気でした。

 

担当の方は、かなり仕事ができる印象を受けました。
明るく、口調も丁寧でよかったです。

 

 

私の体型・そして冷え性でその対策をしたいという意図をくんでくれ、「今日はこういうことをしましょう」と仰ってくださったので、
一人一人にあわせて内容を変えているようです。

 

 

途中、勧誘・商品の紹介はありましたが、
これはどこのお店もある程度あるので予想の範囲でしたし、しつこさはなかったです。

 

本当に勧めたいものを進めています!という風でした。

 

結果的には体験終了後、体験当日のみ申し込める格安コース全5回(1万円以下)を申し込みました。

 

これくらいだと、主婦のお小遣いでもやりくりできるので、いいかと思います。

 

これで晩年悩んでいた冷えも解消されてきました。
あまり高いコースを勧められたら逃げますけれどね。
このくらいの値段で下半身の冷え対策ができ、おまけにスリムになってきているので満足です。

 

下半身施術

 

下半身太りを解消するために痩身エステでキャビテーション体験

自宅で手軽に取り組めるダイエットがたくさんありますが、短期間で下半身太りを解消するのは難しく感じていました。

 

結局自分でやってもダイエットが叶わずずっと太っている状態が続いていました。

 

そこで私は痩身エステサロンに通う事にしました。
デートやパーティの出席予定で短期間でダイエットするなら痩身エステサロンがお勧めです。

 

 

一般的に痩身エステは何回も通う必要があり、短期間で効果はないと捉えられている方もいますが、
今は1回の施術で効果を感じられる痩身エステのコースがあります。

 

 

高性能な痩身マシンを使い、セルライトに働きかけ、脂肪や冷えを解消する事が出来ます

 

 

下半身太りの原因にも色々ありますが、私の場合運動不足による冷えや代謝の悪さ、骨盤の歪みなどのトータルな理由でした。

 

運動不足

 

まずは、冷えを解消して代謝を促す事から始めないとと思いました。

 

下半身太りを解消させるのは難しく感じてましたから、
温熱機能がついた痩身マシンなどで温めてから脂肪を分解していくのは理想的でした。

 

 

特に、今痩身エステで人気となっているキャビテーションは短期間で効果を実感できると話題になっています。

 

キャビテーション

 

脂肪細胞を破壊しながら排出していくので1回の施術で効果を実感できますし、
分解された脂肪が排出されるのでリバウンドを防ぐ効果も期待できます。

 

私も結果的に−3キロにはなりました。

 

他にも痩身エステのコースはありますが、切らない脂肪吸引とも言われているので今までの痩身エステのコースと比べても効果が高い事が分かります。

 

しかも、今の痩身エステのメニューは安全です。

 

自己流ダイエットでは届かない細胞まで届けられるのです。

 

ただ、下半身太りを解消させるだけではなく、メリハリのあるボディを目指せます。

 

下半身ダイエット

 

 

不要な脂肪を落としながら美しいくびれを作る事も出来ます。

 

脚痩せとセルライトを同時に解消できるコース、骨盤矯正を行いながら痩せられるコースなど自身の悩み別から選べるのも痩身エステサロンの魅力ではないでしょうか。

 

 

ほとんどの大手エステサロンではこのようなコースを気軽に体験できる体験コースを予約する事も出来ます。

 

 

学生のお小遣いでも通いやすい料金で若い女性から主婦の方までたくさん体験コースを申込んでいました。

 

 

 

 

痩身エステサロンの人気口コミランキングはこちらから