トップへ戻る

下腹をへこます効果的な方法とは?筋トレ・ストレッチ

下腹をへこます効果的な方法とは?


「下腹部が出っ張っていて恥ずかしい」
「夏に向けて下腹部をスッキリさせたい」
「昔履いていたズボンを履きたいのに下腹部が出ているせいで履けない・・・。」

 

こんな悩みを抱えている方はいませんか?
下腹部が出ていると細身の服を着ると目立って見栄えが合悪くなってしまいますよね。
下腹部をへこましてスッキリさせたお方に向けて、今回は「下腹部をへこます効果的な方法」について詳しくご紹介していこうと思います。

 

下腹部ダイエット

 

【目次】

下腹部をへこます下腹ダイエットとは?

下腹部をへこますには、ストレッチや有酸素運動、骨盤矯正を行う必要があります。
まず初めに行ってほしいダイエット方法が、骨盤矯正ダイエットになります。

 

猫背や反り腰、脚を組む癖があるなどの場合は骨盤が歪んでいたり、骨盤が開いてしまっている場合が多いです。
そのため初めに骨盤を元の位置に戻し、骨盤を締める必要があります。

 

骨盤イメージ

骨盤矯正ストレッチと骨盤矯正補正下着を同時進行で行うとより効果的です。

 

 

  • 骨盤矯正ストレッチは、腰に手を当てて脚を肩幅ほど開きます。
  • その状態で骨盤を右回りに10回回します。
  • そして左に10回回します。
  • このストレッチを1日3セット行いましょう。

 

骨盤をしっかりと両手で固定し、ゆっくりと回すのがポイントです。
そして、出勤時や就寝時に着用できる骨盤矯正用の補整下着を着用しましょう。

 

骨盤ストレッチ

 

骨盤は生活の癖がとても出やすい部分で脚を組んだり姿勢が悪いとすぐに歪んでしまいます。
そのため普段から姿勢を綺麗に保つように心がけることも重要になります。

 

 

 

 

下腹が太りやすい原因は?

下腹が太りやすい原因は、姿勢の悪さや足の癖にあります。

 

歩き方に癖があり、重心が偏っている場合や腰が曲がっている、首が前に出ている場合も骨盤が歪み、下腹が太る原因になります。
食事制限などでダイエットをする前に姿勢や重心を置く位置をしっかりと見直し、骨盤を元の位置に戻すことがとても重要です。

 

骨盤歪み

下腹部を痩せる方法の筋トレにはどんなものがあるの?

下腹部を痩せるための筋トレは、スクワットや腹筋にります。
スクワットをすることで、下半身を鍛え上半身をうまく支えられるようになります。

 

また腹筋を行うことで、お腹や下腹の筋肉が使われ、脂肪を燃焼してくれる効果があります。
スクワットと腹筋のどちらも、ゆっくりと筋肉を動かすことを意識しましょう。

 

腹筋

回数は1日10回3セットほど行いましょう。
毎日コツコツとつづけることが出来れば、これより少ない回数でも構いません。
筋トレやストレッチの効果はすぐには現れませんので、毎日続ける必要があります。

 

1週間で下腹部を痩せられる方法がある?

1週間で劇的に痩せるのはとても難しいですが効果的な方法をご紹介いたします。
上記でご紹介した骨盤矯正ストレッチに加え、深呼吸法をプラスします。

 

 

 

まず、脚を肩幅ほど開きお腹に手を当てます。
その状態を保ったまま、お腹に力を入れ7秒で息を吸います。
そして5秒間息を止めます。

 

5秒経ったら7秒かけて息をゆっくりと吐いていきます。
この深呼吸法をストレッチにプラスすることで、効果をさらに期待できるようになります。

 

深呼吸ストレッチ

 

深呼吸法は家事の空き時間や、テレビを見ながらなど簡単にできるので気づいた時に行うのもよいでしょう。
深呼吸をすることで体もリラックスできますのでとてもおすすめですよ。

 

いかがでしたか?

 

今回は下腹部を痩せる方法についてご紹介いたしました。

 

骨盤矯正ストレットと深呼吸法を毎日取り入れ、ポッコリと出た下腹部をスッキリとさせ、細身の服も着こなすことが出来るようになってみませんか?
夏に向けてダイエットを検討している方も簡単なストレッチと呼吸法ですので気になった方はぜひ試してみてくださいね

 

筋トレで下腹部痩せを実現した体験談をご紹介します。

ダイエットをしてもなかなか解消できないのがぽっこり出た下腹部です。
女性の場合筋力が少ないことも多くこうした下腹部のぽっこりにつながってしまいがちです。

 

こうした下腹を解消するためにまず行いたいのが骨盤底筋や腹部周辺の筋力のエクササイズです。

 

よくジムなどで行われる腹筋だけでは十分ではなく、インナーマッスルを鍛えることで骨盤を正しい位置に引き戻し、下腹の膨らみも解消することができるのです。

 

痩身エステ口コミ投稿者

 

骨盤底筋などのインナーマッスルはバランスボールなどを使って鍛えることができます。

 

表面だけでなく内部の筋力も鍛えることで内蔵を正しい位置に戻して下腹部の膨らみを解消することができます。
また、足を組んだり体重を一方にかけたりというバランスの悪い姿勢を取っていると、骨盤が歪み下腹の筋肉が鍛えられません。

 

常にバランスの良い正しい姿勢でいることでしっかりと筋肉を鍛えることができるのです。

 

また、腸内環境を整えることで下腹部の膨らみを解消することもできます。
現代の日本人の生活では間食なども多く、消化器内に常に未消化物が詰まっている状態です。

 

腸内にも多くの未消化物がありそれが原因で下腹が出てしまっていることがあるのです。

 

 

二の腕痩せサロン

週末のプチ断食は、腸内に溜まっている未消化物や宿便をすっきり一掃する効果があります。

プチ断食中はあまり固形物を食べていないのに、便がたくさん出ることがありますが、これは腸内に溜まっていた宿便が一掃されているためなのです。

 

こうして腸内の不要物を一掃することで下腹がスッキリと細くなることもあるのです。

 

またエステで受ける腸リンパマッサージも大変効果的な解消方法です。
腸には重要なリンパ節があり、刺激することでリンパの流れが活性化して老廃物が流れやすくなります。

 

この腸リンパマッサージは効果的な痩身コースとしてエステサロンでも人気がありますが、特に下腹の膨らみに大きな効果を発揮します。

 

インナーマッスルや下腹部周辺の筋肉を鍛えることと、腸内環境を整えることが下腹部のぽっこり解消に役立つのです。

 

 

 

下腹部痩せページ一覧に戻る

痩身エステ最新ランキング