トップへ戻る

痩身エステのトラブル!施術・効果・料金・勧誘トラブルなど

痩身エステのトラブル

時々痩身エステでトラブルが起きます。
事前にどのような点でトラブルになるか知っておくことで、納得して効果の得られる施術が受けられるので、確認しておくのも手です。

 

下記では痩身エステのトラブルについてご紹介します。

 

痩身エステトラブル

 

痩身エステの施術トラブル

痩身エステでは「痛みがない」と説明されて思って申し込んだのに、いざスタートしたら痛みが強くて途中でギブアップしたという人や、エステ終了後に内出血やあざが出来たという人も多いです。

 

施術スタッフの技術量や、コースに含まれる他のメニューで痛みを感じる人もいます。
痩身エステで起こりやすいトラブルを以下にまとめておくので、カウンセリング時のポイントにしてみて下さい。

 

 

セルライトエステで内出血?

キレイになるためにエステに行くのになぜ内出血の可能性があるのと思うかもしれませんが、実際にセルライトエステで内出血が出来てしまうことは稀ではありません。

 

セルライトエステでは、凝り固まったセルライトに対してアプローチを行います。

 

内出血

 

セルライト周辺は元々血行が悪くなっていて、さらに血管壁自体ももろくなっているので、些細な刺激で内出血が出来てしまう傾向があります。
相乗効果を狙って他の物理的なマシンを使用したエステコースとセルライトエステを平行して行うことも多く、痩身効果を最大限に発揮するために力を加える必要がある場合もあります。

 

エステであざが出来る?

特にハンドマッサージを中心としたエステでは、施術者の技術によるところが大きく、手のひら全体で施術をせずに指先だけに力が入っていたり、脂肪組織や筋肉組織の違いが分かっていないエステティシャンが担当になるとあざが出来やすくなります。

 

さらにセルライトが出来ている部分は元々血管壁が弱っているので、さらに注意が必要なのです。

 

エステ中にあまりにも痛みが強い場合は要注意です。我慢出来ないレベルだと感じた場合は、早めに施術セラピストに伝えて負荷を軽くしてもらうか、他のエステティシャンに変えられないか聞いてみましょう。
ここではあざと好転反応の違いもおさらいしておきましょう。

 

好転反応とは、エステやマッサージの痕に肌に赤みがかった湿疹ができたり、重だるさを感じることを指します。

 

あざ

 

これはエステが間違っていたのではなく、エステによって滞っていた血流が改善したり、老廃物が排出されることによって生じるものです。

 

赤みがかった湿疹は通常2、3日で改善していきます。
一方あざは毛細血管が傷ついてしまい起こるものです。皮膚の下で赤く、または青く出血しているのが確認できます。

 

あざは指で押すと痛みを感じ、改善するまでにも時間がかかります。最終的には黄色くなって元に戻るので過剰に心配する必要はありませんが、出来ればあざを作らずに痩身エステが受けられるところを探したいですね。

 

カッピングで跡が付く?

肩や背中に丸く何かが吸い付いた痕を目にしたことはないでしょうか?

 

それがカッピングの痕です。

 

カッピングでは吸引力を使って一時的に血液を阻血状態にさせて血行改善を図るため、カップの痕が残ります。
早く改善する人であれば2、3日で元に戻っていきますが、長く残る人だと1週間から10日程痕が残ってしまうのがデメリットでもあります。
ビーチへ行くなど肌を露出する予定がある人は施術を控えた方が良いでしょう。

 

カッピング

 

カッピング施術後に1週間以上カッピングの痕が残るという人は、次回施術の際には少し負荷を減らして施術することをおすすめします。
というのもカッピングの痕は内出血によるものなので、体が回復する力が不十分だと肌荒れや水ぶくれなどの二次的な問題をもたらしてしまう恐れがあるからです。痩身エステは体に負担をかけないように行うのが大切なポイントです。

 

施術以外の痩身エステのトラブルの種類

痩身エステのトラブルは

 

  • 効果
  • 料金
  • 勧誘

 

上記3つが主な理由でしょう。

 

効果

これはやはり効果がでないというトラブルです。

 

こちらに関しては、全員が痩せるというのは痩身エステでも不可能でしょう。
もちろん施術直後は効果が出たけど、普段の生活習慣が悪いままではダイエット効果は期待できないでしょう。

 

また自身の理想のペース期間と実際との効果の期間に乖離があるという場合もあります。
こちらもセルライトの蓄積期間などで効果までは異なるので、すぐに痩せるということは不可能です。

 

ダイエット効果までの期間

 

痩身エステの施術自体には痩せるロジックはあります。
しかし自身の理想との乖離やエステティシャンとの情報乖離でトラブルになるケースが多いです。

 

 

料金

 

  • 料金は思った以上にお金がかかっている
  • 追加料金ばかりかかる

 

といったものが多いです。

 

こちらに関してはしっかりと体験コースでのカウンセリングでチェックしましょう。

 

料金

 

 

勧誘

勧誘に関しては大手は全社的に既に勧誘教育は辞めているサロンが多いです。

 

しかし個人経営や大手でもプッシュが強い方または勧誘していないつもりでも勧誘された気になる方などもいます。
当サイトの体験コースではお試しされたことはないですが、口コミを見ると2割位は勧誘と感じているようです。

 

こちらは個人差がありますのでなんともいえないでしょう。

 

 

キレイサローネ体験レポートヴィトゥレ体験レポートラ・パルレ体験レポートエルセーヌ体験レポートDDラボ体験レポートスリムビューティーハウス体験レポート

過去のエステでのトラブル体験記

痩身エステトラブル

過去のエステでのトラブル体験記と言えば、私以上にエステや美容に関する全てのことが大好きな友人と二人で都内の個人経営の某エステに通った時起きた事件が私の過去に体験した最も代表的なエステでのトラブル体験記だと思います。

 

そのトラブルの内容ですが、まず普通にある個人経営の某エステに行っただけだったのですが、
やたら最初から個人経営の某エステの受付嬢がツンツンした対応で感じが悪いので元来短気で尖った性格の私の友人がスッカリ切れてしまってその場でエステ嬢に対して喧嘩を売ってしまったのでした。

 

多分そこのママみたいな人だと思いました。

 

そういう自己紹介は全くその場では無かったのですが、手慣れた話し方堂々とした雰囲気、威厳がある感じなどですぐにそう見てとれました。

 

結局言い合いみたになりました。

 

言い合いの原因は、太ももの揉み出しマッサージのエステの回数と回数券の使用の仕方についてで、
最初の話と内容がまったく変わっていたことと、ちょっとした物言いの発言の仕方があまりに粗野で乱暴だと言うことになり、
そこのエステのママみたいなエステ嬢が突然「営業妨害なので今すぐお引き取り下さい、うちではもうあなた達のような失礼な人達は受けいられません!」と文句を言ってきたのでした。

 

けれど、気が強い私のその当時の友人はそこまで言われても決してめげることはなく、どこまでも執拗に「いいえ、帰りません。
私は間違ったことは何も言ってません。
最初の話と違うのでおかしいのはそちらです。
最初言っていた通りにきちんとエステを受けれなければここから一歩も動きません!」と発言して断固として折れようとしませんでした。

 

しかし、ママみたいな人はそう言われると「いいえ、どうしてもうちではもう受け付けられません。
とにかく今すぐ帰ってもらいます!」と断固応戦してきました。
そして、そう言い終わるとすぐにそのママみたいな人は、警察に電話をしてお店に警察官を呼んでいました。

 

私は必死で友人に「本当に電話したんだからもうすぐ警察が来るよ!やばいから帰ろうよ!」と懇願しました。
するとやっと友人は折れてくれてそのエステから二人で退却したのでした。

 

怖かったのは、エステの外にやっと出て駅に向かう時に本当にお巡りさんとすれ違ったことでした。
その時そのお巡りさん達はまっすぐ私と友人がさっきまでトラぶっていたエステの方向に真っ直ぐ向かって行っていました。本当にあの時はホトホト草臥れて疲れてしまいました。今でも脳裏にその時の状況が彷彿と甦ってきます。

 

痩身エステ選ぶポイント


痩身エステのトラブル回避術

出来るだけ大手の痩身エステサロンを選ぶ

個人経営のエステすべてが悪いといっているわけではありません。
良い店も多いと思います。

 

しかしクオリティーが一律にならない為、上記のようなケースも発生してしまうのは、
事実としてあるようです。

 

そしてコース予約している途中で、エステが倒産してしまったという事もあるようですので、
やはり大手痩身エステサロンがオススメといえるでしょう。

 

キャンペーン体験でコース内容をしっかり把握する

実際痩身エステのコースって複雑だと思います。

 

たくさんの注意点がありますし、聞き逃すと実際説明されていたのに・・・
ってことも多々あります。

 

ですので、しっかり体験コースでコース確認をスタッフとしましょう。

 

大手痩身エステランキングトップへ